トップページ  >  かつ市レシピ  >  魚の切り身ときのこの柚子小鍋

魚の切り身ときのこの柚子小鍋

調理時間:30分程度

今回は新鮮ないいサバが手に入ったのでサバを使いましたが、柚子のさわやかな香りはどんな魚にもよく合います。
ぶりの切り身、そのほかにも、真ダラ、真鯛、カワハギなどもおいしいですよ。
それから、柚子を鍋にいれるときは必ず種を取り除いて、あまり煮過ぎないようにしてください。
食べにくいだけでなく、種からえぐみが出てしまいます。
材料 分量(2人分)
魚の切り身 4切れ
ゆず 1/4個
きのこ(マイタケやしめじなど) 1パック
長ネギ 1本の半分
薄めの八方だし 800cc

作り方

1. だし汁を取って薄めの八方だし(出汁:薄口しょう油:みりんを12:1:1)を作ります。
2. くさみをとるため、魚の切り身をざるに入れ、やかんで沸かしたお湯を上からかける。※魚が新鮮ならそのまま鍋にいれてしまって大丈夫です
3. 柚子は半分に切って、見える範囲ではしなどで種を取り除き、厚さ1cm程度の輪切りにしておきます。
4. 柚子以外の材料(魚の切り身、キノコ、長ネギ)を鍋にきれいに入れ、八方だしをはる。※あとからだしを入れると見た目が整いやすいです。
5. 鍋を火にかけ、煮立ってきたら蓋をして中火で5分程度煮る。
6. 蓋をあけ、ゆずを入れて2から3分程度、さらに煮る
レシピ一覧へ戻る