かつお節・かつお大辞典

マガツオ

九州・四国地方における、かつおの地方名

マルソウダガツオ

かつお類の一種。 マルソウダガツオは英名Bullet mackerel、Bullet tunaです。 紡錘形で円い体幹をしているマルソウダガツオの体色は背部が濃青色で、特に頭部が暗色になり、腹部が銀白色になります。背面に […]

マルソウダガツオの利用

マルソウダガツオはヒラソウダガツオ以上に血合が多いので、その多くが削り節にされます。これはソウダブシ(宗太節)と呼ばれ、サバ節より良質で、濃厚な味が出て、めんつゆやダシに利用されます。

マルソウダガツオの生態

マルソウダガツオは成長すると全長60cmになり、透明度が高くて流れのはやい海域に大群をつくることが多いです。産卵に適した水温は20~25℃で、日本近海では初夏から夏が産卵期となります。1回に5万粒前後が産卵され、1日後に […]

マンダラ

北海道・北陸地方における、、かつおの地方名

枕崎でかつお節の原魚となるかつお

かつお節の原魚となるかつおは、南方漁場で漁獲されて枕崎港で水揚げされたもので、脂が乗りすぎても少なすぎても本枯節に適さないために、十分に厳選されます。

枕崎市がかつお節産地として発展した地理的要因

かつお節製造に適した温暖な土地であること、原魚のかつおが国内外から安定的に供給されていること、漁港整備と一体となり、輸入に対応した税関や検疫制度が整備されるとともに、大型冷凍冷蔵庫を配置することにより、周年操業が可能であ […]

枕崎市がかつお節産地として発展した歴史的要因

かつお節製造に適した温暖な土地であること、原魚のかつおが国内外から安定的に供給されていること、漁港整備と一体となり、輸入に対応した税関や検疫制度が整備されるとともに、大型冷凍冷蔵庫を配置することにより、周年操業が可能であ […]

枕崎市へのかつお節製法の伝来

現在の製法は江戸中期の1707(宝永4)年頃に紀州の森弥兵衛が伝えたとされます。

枕崎鰹節の本枯節

鹿児島県枕崎市で生産されるかつお節の最高級品。 鹿児島県枕崎漁港に水揚げされら良質のかつおだけを厳選して使用し、カビ付けと日乾を数カ月も繰り返す伝統的な製造法で時間と手間をかけて作り上げた最高級の天然食品。 天皇賞や農林 […]

索引

ページTOPへ