かつお大辞典

焙乾後の節

焙乾を終えた節の表面は、くん煙のために黒ずんだいぶし色で、ざらざらした外観をしているので、”荒節”、または”鬼節”と呼ばれる。
かつお節原料にてきしているかつおの水分は70%ぐらいだが、荒節の水分は30%程度まで減少している。

ページTOPへ